お問い合わせ

知ってるようで知らない お肉の世界!健康・長寿・美容・ダイエット!

牛肉の部位・特徴・主な料理

牛肉の部位は種類により、サシの入り方、柔らかさなどの食感、旨みもそれぞれ違います。
部位の特徴を知ることで、さらに美味しく食べる料理や焼肉店での楽しみ方も変わりますよ!
牛肉部位を知れば貴方も、今日から肉通!!
牛肉の部位

 ヒレ・シャトーブリアン

牛肉の部位=ヒレ、シャトーブリアン、牛肉で最も柔らかい希少な最高部位

ヒレはヘレ、フィレとも呼ばれ、サーロインの内側の細長い部分で 1頭の牛から極わずかしかとれない希少な最高部位です。 牛肉の中で肉質がきめ細かく、一番柔らかい部位となります。
中心部は、「シャトーブリアン」と呼ばれ、ヒレの中でもごくわずかしかとれません。

焼き過ぎると堅くなるため、焼き過ぎないのが美味しく食べるコツです。

オススメ料理方法:ステーキ・鉄板焼

 サーロイン・ロインロース

牛肉の部位=サーロイン、ロインロース、ロイン。ステーキ焼肉すき焼きなんでも幅広く

サーロイン(ロインロース)はヒレについで柔らかく、きめが細かく脂の上質な旨みをともなった最高部位のひとつです。 やわらかくサシ(霜降り)が多いのが特長で牛肉の最高部位のため「サー」の称号が与えられた程です。
牛肉そのままの美味しさを味わうステーキや鉄板焼、また、すきやき・しゃぶしゃぶなど幅広く調理できます

オススメ料理方法:ステーキ・鉄板焼・すきやき・しゃぶしゃぶ・ローストビーフ

 リブロース

牛肉の部位=リブロース 見た目が大変美しくお肉の価値はリブで決まる!

リブロースはロースの真ん中の最も厚い部分で、脂肪が多くサシ(霜降り)が多いため、見た目が大変美しいです。 肉質はきめ細かくて柔らかく、脂の甘味、見た目を併せ持ったトップクラスの部位です。

オススメ料理方法:すきやき・しゃぶしゃぶ・ステーキ

 かたロース・クラシタ・ハネシタ

牛肉の部位=かたロース、肩ロース。希少部位:ハネシタ、見た目も美しく口の中でとろける食感

かたロースやクラシタと呼ばれ、脂肪が程良く霜降り状に分散していて、上品で、口の中でとろけるような食感と濃厚な旨みがあります。
薄切りにして使うとさらに旨みが引き出せるため、すきやき・しゃぶしゃぶに良く使われます。
なかでも「ハネシタ」と呼ばれる部位は、肩ロースの内部のほんのわずかなサシ(霜降り)がきれいで美しく、肩ロースの中でも特においしいといわれている部分です。

オススメ料理方法:すきやき・しゃぶしゃぶ・焼き肉・炒め物

 かた・うで・ミスジ・トンビ

牛肉の部位=かた・うで・ミスジ・トンビ。ミスジステーキからしゃぶしゃぶなど幅広く使える牛肉

かたは脂肪分が少なく硬めですが、ももに比べるとサシ(霜降り)の割合が多く見た目も鮮やかです。 肉の味は濃厚でエキス分やコラーゲン・うまみ成分が豊富に含まれており、独特なジューシーな旨みが特徴です。 すきやき、しゃぶしゃぶ、煮込み料理、炒め物、など幅広く使えます。

ミスジは、かたの中でも極わずかしかとれない、赤身なのにきれいな細かなサシ(霜降り)があります。 ロースやモモとは画一した別世界の味わいで、あっさりとした食感、それでいて濃厚な味わい、後味も キリッとしたとろけるお肉です。ミスジステーキなどが有名です。

トンビは、肉質はもも、味はさっぱりしていて甘く上品な味わいです。たたきやローストビーフに最適です。

オススメ料理方法:すきやき・しゃぶしゃぶ・煮込み料理・カレー・炒め物・ステーキ・ローストビーフ・たたき

 ネック

牛肉の部位=ネック、鶏肉では超人気の「せせり」味は濃厚で美味しい牛肉

ネックは首にあるお肉で脂肪分が少なく硬めですが、肉の味は濃厚でおいしくエキス分も豊富です。

鶏肉では「せせり」、豚肉では「トントロ」という名前で焼き肉、鉄板焼などで大変人気があります。

オススメ料理方法:煮込み料理・シチュー・ハンバーグ・ひき肉

 らんぷ・ラム・イチボ

牛肉の部位=らんぷ・ラム・イチボ、モモ肉のなかで特に柔らかくステーキでも美味しい牛肉

ラムは、らんぷとも呼ばれ、ロインロースに続く赤身肉で、モモ肉の特に柔らかい旨みのある部分です。 肉質はきめ細かく、やわらかな赤身肉としてローストビーフやたたきなどほとんどの肉料理に利用できます

イチボは少量しかとれない貴重な部位で、ラムのなかでも特にやわらかい部分です。サシ(霜降り)の甘さと赤身の旨みが特徴です。 先の特に柔らかい部分が炙りなどで人気があります。赤身の旨みと適度な歯ごたえが合わさった「通」好みのお肉です。

オススメ料理方法:ステーキ・焼き肉・ローストビーフ

 もも・マル・ウチヒラ・トモ三角

牛肉の部位=もも・マル・ウチヒラ・トモ三角、食べ方いろいろ使い勝手の良い牛肉

内ヒラは脂肪が少ない赤身肉で、きめはやや粗いが柔らかく、肉質が均一のかたまりが取れるので、ローストビーフや大きな切り身肉の料理に適しています。 脂肪を好まずあっさりと食べたい方には、すき焼き、しゃぶしゃぶにもおすすめです。

マルは、きめが細かくやわらかで脂肪が少ない部位です。脂肪を控えたい方に最適な部位です。

トモ三角(ヒウチ)はマルの一部で牛1頭から約2kgほどしか採れない大変貴重な部位です。 モモの部位としては最もサシ(霜降り)が入ります。味わい深く、とてもやわらかいお肉です。
焼き肉がおすすめですが、あまり焼きすぎると硬くなるため焼き過ぎないのがおいしく食べるコツです。

オススメ料理方法:ステーキ・焼き肉・煮込み料理・すきやき・ローストビーフ

 そともも

牛肉の部位=そともも、すき焼き・炒め物に大活躍の牛肉

赤身で脂肪は少なく、よく動かす部位なので肉質はきめが粗くやや硬めです。薄切りや角切りにして、すきやきや煮込み料理に適しています。
赤身の旨みに脂のコクが程よく融合した肉質は「通」が好む味わいです。
オススメ料理方法:煮込み料理・カレー・炒め物

 ばら・ともばら(外バラ、中バラ)・まえばら(ブリスケ)・三角ばら

牛肉の部位=ばら・ともばら(外バラ、中バラ)・まえばら(ブリスケ)・三角ばら、カルビ、上カルビ、特上カルビ

ばらは、外ばら、中ばら、ブリスケ、三角ばらの4種類あります。焼き肉店などでは「カルビ」「中落カルビ」として知られています。

外ばら・中ばら・ブリスケは、繊維質で筋膜が多く、肉質はきめが粗く硬めで赤身と脂肪が層になっており、濃厚な風味が味わえます。
中でも「カイノミ」「ササニク」と呼ばれる部位は1頭からごくわずかしかとれず、とても柔らかくジューシーで牛肉本来の旨みを味わえます。

三角ばらは、ばらの中でもサシ(霜降り)が入りやすく上カルビ・特上カルビとして利用されています。 バラの中の約3kg程度と、ごくわずかしか採れない希少部位です。

オススメ料理方法:焼き肉・煮込み料理・すきやき・牛丼・しゃぶしゃぶ

すね・まえチマキ・ともチマキ

牛肉の部位= すね・まえチマキ・ともチマキ、味が濃厚で極上の牛肉ミンチに!

チマキは、牛の「すね」にある部位で、最も運動量が多いため脂肪がほとんどなく筋が多く肉質は硬いです。 ゼラチン質を多く含み肉の味が濃厚で、煮込むと濃厚な旨みが出てやわらかくなります。 肉の濃厚な旨みが豊富なチマキから作るひき肉は最高です。

オススメ料理方法:煮込み料理・ひき肉

ページのトップへ戻る