お問い合わせ

安全・安心・高品質にこだわりつづけ、安定供給できる生産から処理加工、出荷までの一貫体制の確立


出荷までの流れ

原材料搬入


荷場ヤードの壁面には特殊抗菌ウォールを採用し、外部からの雑菌やカビなどの侵入を阻止します。

除菌装置


肉質を損なわず、高い殺菌能力を持つ「電解次亜水」により、搬入直後の枝肉を除菌します。

大型原料冷蔵庫


大型原料冷蔵庫は2基稼働。
超低温冷蔵庫では、と畜処理直後の肉質の安定を図り、低温冷蔵庫で加工までの間保存します。

カット肉処理


常に10℃に温度管理された工場内は、クリーンルーム化され、夜間はオゾン殺菌、出入口はエアシャワー、アルコール消毒後にしか反応しないオートドアシステム等で徹底した防菌・衛生管理対策が施されています。

細菌検査


最新の分析装置により、黄色ブドウ球菌・サルモネラ菌・大腸菌・大腸菌群・一般生菌などの検疫を行います。

金属探知


安心・安全な商品をお届けする為に商品は真空包装後、金属探知機にて検査し厳重な品質管理を行っています。

計量・出荷


計量するだけでなく、牛1頭1頭の生年月日から加工日・原産地・品種など、細かなトレサビリティ管理を行って出荷されます。



出荷までの流れ

ページのトップへ戻る